CONTACT
ブログ内でご紹介した商品はお買い求めいただけます。お気軽にお問合せ下さい!↓
Mail
Instagram @oyama_kimono
lesson
facebook
twitter

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 【反物】市松久留米絣とミンサー織の帯 #kimono #きもの #着物 | main | 【単衣】シトラスイエローに赤の絣文紬とパフェ模様の付け帯 #kimono #きもの #着物 >>
【袷】花のライン柄小紋と花柄オリジナルなごや帯 #kimono #きもの #着物

JUGEMテーマ:着物 きもの

0419-6.jpg
小紋 裄68cm 袖丈49cm 身丈160cm
前巾23cm 後巾29.5cm 良い状態です
29,700円(税込価格)


裏葉柳色より少し落ち着いた地色に、
花のラインとなったお柄の小紋です。

袷の時期ももう一カ月と僅かとなってきました。
暑い日が続いていますとはいえ、軽やかな風が吹く
春の時期に着る袷はまた楽しいものです。

特に花名の具体的名称はないのですが、
若干具象化されていますので、袷の時期はお召し頂けます。

0419-8.jpg
0419-7.jpg

八掛は鮮やかなグリーン系の暈しです。

0419-9.jpg

縦ラインですのでスッキリした印象です。


0419-10.jpg
なごや帯 382cm 仕立て下ろし品 素材:絹
34,560円(税込価格)
古布を使っていますので見えない所に接ぎがあります。
染みもある場合がございます。

 



オリジナルラインの仕立ておろし帯を合わせました。
バラや紫陽花をアレンジしたような花柄が可愛らしく
春の暖かな日に映える帯です。

0419-11.jpg

 


◎お取り置きにつきましてはお電話及びメールでお申し付け下さい。

 期間は翌営業日より3日間とさせて頂きます。(期間が過ぎましたら店頭にお出しします)

 お取り置きご希望のためにカートにお入れ頂くことはご遠慮下さい。
 

 

◎自動送信メールとは別の確認メールをお送りしています。

 ご注文後、翌営業日までに届かない場合は
 お手数ですがご連絡をお願いします。
 迷惑メールフォルダに分類されている可能性もありますので
 合わせてご確認をお願いします。
 

 

【ブログからのご購入に関しまして】*****
◎ブログから直接お買いものいただけるようになりました。
ご購入されたい商品の「カートへ入れる」ボタンをクリックして下さい、ご購入画面へと進みます。


◎「カートへ入れる」ボタンを押していただいてもカートに入らない場合、
その際はすでにご入札いただいている状態となります。
システム上すぐにSOLD OUTにならず、大変分かりづらく申し訳ありません。

キャンセル待ちも可能ですのでお問合わせ下さいませ。

◎送料は全国一律800円とさせていただいております。
(離島は別途お問合わせ下さい。)
小物のみの場合はエクスパック350も可能です。
カートでは送料800円で計算されますが、ご希望欄にエクスパック350と
書いてくだされば対応いたします。
ただし、日時指定は出来ませんのでご了承下さい。

◎掲載商品の小物なども通販対応可能です。
「カートへ入れる」ボタン表記のない商品に関しましては、

着物、帯などと同時注文をご希望の場合はご希望欄にお申し付け下さい。

弊店からの通販のご案内メールにてご購入商品と合わせてお知らせいたします。

小物のみご注文の場合は、お電話、メールにてご連絡下さい。

◎掲載商品はなるべく実物に近づけるよう努めておりますが、

お使いのPC、スマートフォンなどのモニターにより誤差が生じますこと、

ご理解ください。

ご質問などはこちらまでお気軽にご連絡ください。oyama_kimono@ybb.ne.jp
※お電話でも対応しております。 11時30分〜19時 03-3479-8045

※お客様のご都合による返品・キャンセル・交換は
ご遠慮いただいております。何卒ご了承下さいませ。


◎尚、こちらの商品は店頭でも販売中です。
入れ違いで売り切れの際は何卒ご容赦くださいませ。

*********

営業時間 11時30分〜19時  定休日 火曜日

*********

 

| 南青山店 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ceraunavolta.jugem.jp/trackback/3347
トラックバック