CONTACT
ブログ内でご紹介した商品はお買い求めいただけます。お気軽にお問合せ下さい!↓
Mail
Instagram @oyama_kimono
lesson
facebook
twitter

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 【浴衣】麻の葉にライン・ダークカラーの浴衣に2種の帯 #着物 #キモノ #kimono | main | 【浴衣】菊唐草文様の浴衣 #着物 #きもの #kimono >>
【単衣】生成り地に茶系鹿の子市松文単衣にブルーの唐草文紗ふくろ帯 #着物 #キモノ #kimono

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 


裄:70.5cm
袖丈:49.5cm
身丈:156.3cm(背から)
前巾:24cm 後巾:29.5cm
素材:正絹 居敷きあて:有り
状態:未使用品です

65,000円+税(70,200円)


*詳細・ご購入はネットショップをご覧下さい

 

 

本日もう一組は今お召し頂きたいお薦めの単衣です。

 

生成り色の紬地に茶色と黄みがかったベージュの
鹿の子模様でできた市松の染め柄。

 

全体柄ですが無地のような感覚で
帯合わせしやすい着回せるお着物です。

 

 

ふくろ帯
長さ:約456cm
素材:正絹
状態:良い状態です
証紙:有り

40,000円+税(43,200円)

*HOLDになりましたのでカートにお入れ頂かないようお願い致します。
*詳細・ご購入はネットショップをご覧下さい

 

 

ブルーの清涼感と華やかさを併せもった

夏帯を合わせました。

 

紗ですがあまり透け感はなく

春の単衣の後半あたりから
楽しんで頂けると思います。

 

殆どのお着物との相性よい帯ですが

特におすすめはブラウン系、又はブルー系のお着物との

ワントーンの組合わせです。

 

 

サラっとした感触で汗ばむ単衣の季節には
とても気持ち良くお召し頂けそうなお生地。


特に夏に向かう単衣時期後半におすすめです。
小物はライトグレーなど寒色系で。

 

そして9月からの単衣にも。
秋には帯周りの小物にカーキ色やからし色
赤茶色などを添えてさりげなく季節感を演出するのも素敵です。

 

 

*天候・光のあたり加減・時間帯・角度によって
 色の写り方が若干異なります


 明るい場所・晴れた日には薄く黄みがかって
 暗い所・曇り・雨の日には少々濃く青みがかって

 見えたり写ったりする場合があります、ご了承下さい

 (晴天の昼間、室内にて撮影しました)

 

【ブログからのご購入に関しまして】*****


◎ブログ掲載品はご購入頂けます。

 

◎キャンセル待ちも可能ですのでお問合わせ下さい。


◎送料は1,100円とさせていただいております。
(北海道・沖縄は除く。離島は別途お問合わせ下さい。)


◎掲載商品の小物なども通販対応可能です。
「カートへ入れる」ボタン表記のない商品に関しましては、

着物、帯などと同時注文の際にご希望欄にご入力下さい。

 

◎弊店からの通販のご案内メールについて

ご購入商品と合わせてお知らせいたします。

小物のみご注文の場合は、お電話、メールにてご連絡下さい。

 

◎掲載商品はなるべく実物に近づけるように努めておりますが

お使いのPC、スマートフォン等のモニターにより

誤差が生じる場合があります、ご理解下さい。

 

◎お客様のご都合による返品・キャンセル・交換は
ご遠慮いただいております。何卒ご了承下さいませ。

 

◎自動送信メールとは別の確認メールをお送りしています。

 ご注文後、翌営業日までに届かない場合はお手数ですが

 ご連絡をお願いします。

 迷惑メールフォルダに分類されている可能性もありますので

 合わせてご確認をお願いします。

 

◎ご質問などはこちらまでお気軽にご連絡ください。

 oyama_kimono@ybb.ne.jp

 ※お電話でも対応しております。 

 

◎尚、こちらの商品は店頭でも販売中です。

 入れ違いで売り切れの際は何卒ご容赦くださいませ。


*********

 

営業時間 11時30分〜19時(火曜定休)
03-3479-8045


*********

 

 

 

| 南青山店 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ceraunavolta.jugem.jp/trackback/4037
トラックバック